たまの休みにアロママッサージで癒しを

気分に合わせて香りを選び、リラクゼーション効果も抜群なアロママッサージ。使用するオイルによって様々な効果が期待できるアロママッサージですが、はじめに1つ気をつけたい点をお伝えしたいと思います。アロマオイルの種類によっては、妊娠中や授乳中には悪影響を与えるものがあるんです。ですから念のため、その時期にはアロマオイルを使ったマッサージは避けるのが良いでしょう。また、交通の便を考えると自動車が便利です。妊娠授乳期でない方も、基本的には体調の良い時に行ってください。それはつまり、アロマオイルの効能がとても高いということを意味します。元々アロマオイル(エッセンシャルオイルとも呼ばれます)は、ハーブなどの植物の有効成分を抽出した、揮発性のオイルを指します。

もちろん、借金の返済が最優先なのは言うまでもありませんが、そのことばかりを考えていたら、人生を楽しむことが難しくなってしまう可能性もあります。適度に息抜きしながら真剣に考えるときは考える。そんなスタイルを確立出来れば、ゴールは意外にすぐそこにあるかもしれませんよ。

マッサージに使うオイルは肌に直接触れるので、できれば純度の高いオイルを選ぶのが良いでしょう。「エッセンシャルオイル」という表記があるものは、基本的に純度100%のものですが、購入時にきちんと確認してください。アロマオイルは植物の葉や花、果実から抽出され、オイルごとに異なる香りや成分を有しています。「心配事があって疲れている、なんとなく落ち着かない」という時におすすめなのがゼラニウムやイランイランのアロマオイル。「気分が塞いで落ち込みがち」という場合には、ラベンダー。「前向きに頑張りたい」時にはフレッシュなミントのアロマオイル、「恋愛中の気分を高めたい」方にはローズヒップオイルなどが代表的でしょう。

ただ、効能に縛られることなく、自分自身が好きな香りを直感で選ぶこともとても大切。自分の好きな香りでマッサージをすることでより効果が高まりますよ。例えば、柑橘系の香りが好きな方にはスウィートオレンジやベルガモット。
ここで注意していただきたいのは、アロママッサージのような美容とカイロプラクティックは別物だということです。
フローラル系が好きな方はラベンダーやジャスミンを。エキゾチックな香りが好きな方はパチュリやイランイラン、樹木系で癒されたい方はユーカリやティートゥリーなどがオススメ。さらにシナモンやジンジャーなど、一風変わったスパイス系の香りも気分転換になりますよ。

アロマオイルは、それ自体では純度が高く、効能が凝縮されたものなので、使用する時には必ずキャリアオイルと呼ばれる媒体を使って希釈してから使用してください。キャリアオイルにはグレープシードオイルやホホバオイルなどが良いでしょう。必ず1%以下に薄めてから使用して。さらに使用前には目立たない二の腕の内側などでパッチテストをしましょうね。